洗浄管の水漏れトラブル

修理班MAYAMAXX

洗浄管の水漏れトラブル

ラバーカップには形状や大きさがことなる種類があるのをご存知でしょうか?ほとんどの方が知らないと思います。簡単にご紹介してみると、
とゴムの部分がお椀のような形状のタイプは、和式用になります。洋式トイレに対応したラバーカップは、お椀部分から中間部位に出っ張ったゴムがついた形状をしています。
形状が違っても使えるだろうと思う方もいらっしゃるかと思いますが、形状が異なる理由があります。トイレに合わせてフィットする形状でなければラバーカップは詰まり抜きに得られる効力が減少していくのです。購入される時には、必ずトイレの形状に合ったラバーカップを購入してください。また、形状が異なるからと言って詰まりが解決できないか?と質問されると、そうでもありませんので新しく買いなおす前に試してみると良いでしょう。簡易的なトラブルだった場合には、容易に解決すうrことができるでしょう。

使い方は、
トイレ内の排水口部分にゆっくりとラバーかツプを被せるます。この時にラバー内側部分に溜まった空気がポコッと出てくると圧力を加えた時に汚水が周囲に飛散する恐れがありますので気をつけましょう。できるだけゆっくり差し込むようにして排水口に向かって少し斜め方向から空気を抜くようなイメージで被せると良いでしょう。そして、ラバー部分が水の外に出ている場合には水を足す必要があります。トイレの排水口とラバーカップの間に空気が入ると効果が薄れてしまうからです。排水口とラバーカップのゴム部分が水に浸るように加水することで効率的に作業ができからです

作業としてはラバーカップのゴムを排水口部分に密着させ、ゆっくりと押し込んでください。カップが十分へこんだのを確認したら力を入れ引き抜きます。この時に汚水が跳ね返ってしまう可能性がありますので注意が必要です。
ほとんどの方が加圧すればいいと考えている方が多いですが、実際、押し込んだ方が力も入り簡単に問題が解決しそうな気がすると思っていますが異物詰まりなどのケースだと逆効果になってしまうしからです。トイレットペーパ^が詰まっている場所は、トラップかフランジの部分です。押すより引き抜くイメ―ジで作業を行った方が解決できなかった場合でも最小限の被害がおさまるからです。
そうならないためにも、ラバーカップを引いて詰まりの原因を一緒に引っ張り出すことが重要だと言えるでしょう。トイレットペーパーならまだしも固形物のような溶けない異物が詰まってしまった場合、必ず「引きだす」意識が大切です。

加圧することで水位が低くなっていきますのでバケツなどに水を汲みトイレへゆっくりと流してみてください。もし、詰まりが解消されていれば水が流れ継ぎ足した分の量は減っていきます。水の量が変動しない場合には、ラバーカップで「引く」ことを意識して繰り返し作業をしてみてください。また、水位が完全にない場合には、浴槽の残り湯を一気に便器に流し込むことでも加圧とかわらない効果が得られます。臨機応変で対処してみてください。

ラバーカップの間違った使い方をして詰まりが解決できなかったり物を排水管に詰まらせて大事にならない為にもラバーカップの正しい使い方を把握しておくことが大切です。
※ 排水つまりは、排水配管でつまりを起こしている可能性も御座います。

ラバーカップは汎用されているが効果が限定的である

ラバーカップは一般的に使われる排水トラブルの対処法の一つですが、効果は限定的な場合があります。ラバーカップは、排水口に密着させて空気を押し出し、その後の引き戻しで圧力をかけて詰まりを解消することを目的としています。しかし、詰まりの原因や状況によっては、ラバーカップだけでは十分な効果を得られない場合があります。
ラバーカップが効果的なケースは、詰まりが表面的で柔らかい物質(例:紙くず、髪の毛)によるものであり、カップの密着が十分にできる場合です。しかし、硬い物質や固まった詰まり、深い場所にある詰まりなどの場合は、ラバーカップだけでは解消が難しいことがあります。
そのため、ラバーカップだけで詰まりを解消できない場合は、他の方法を試すことを検討する必要があります。例えば、排水剤を使用したり、専門家に相談したりすることが考えられます。
重要なのは、ラバーカップを使う際に正しい方法で行うことです。適切なサイズのラバーカップを選び、排水口に密着させることや、十分な圧力をかけることがポイントです。また、連続して何度も試すことも効果を高めるかもしれません。
しかし、ラバーカップだけでは解消できない場合や、詰まりの原因が特定できない場合は、プロの配管業者に依頼することが最善の選択です。彼らは専門知識と適切な道具を持っており、トラブルを迅速かつ効果的に解決してくれるでしょう。

それぞれの効果について
以下に、それぞれの代替グッズの効果について説明します。
●排水棒(ドレンクリーナー): 排水口に差し込んで詰まりを解消するための棒状の道具です。回転させることで詰まりをかき出すことができます。詰まりの原因が比較的表面的なものである場合に効果的です。長い柄を持つことで、深い箇所の詰まりにもアクセスしやすくなります。
●ピストン式トイレプランジャー: トイレの詰まりを解消するための専用のプランジャーです。吸引力を利用して水圧をかけることで、詰まりを解消します。トイレの形状に合わせた設計であり、効果的にトイレの詰まりを解消することができます。
●パイプクリーナー: 液体や粉末状の排水剤を使用することで、詰まりを溶かしたり、水流を改善したりすることができます。特定の化学物質が配合されており、詰まりの原因となる物質を分解・除去することで効果を発揮します。ただし、化学物質を使用するため、取扱いや注意事項を守る必要があります。
●配管ワイヤー(ハンドスネーク): 細長いワイヤーを使用して、詰まりを取り除くことができます。配管内に差し込んで詰まりの原因物を引き抜くことができるため、比較的頑固な詰まりにも効果的です。柔軟性があり、曲がった箇所や狭い箇所にもアクセスできます。

これらの代替グッズは、一般的な排水トラブルに対して効果を発揮しますが、詰まりの原因や状況によって効果が異なる場合があります。また、正しい使い方や適切な道具の選択をすることが重要です。効果が出ない場合や、状況が複雑な場合は、プロの配管業者に相談することが推奨されます。

総合手順案内