洗浄管の水漏れトラブル

洗浄管の水漏れトラブル

ラバーカップには形状や大きさがことなる種類があるのをご存知でしょうか?ほとんどの方が知らないと思います。簡単にご紹介してみると、
とゴムの部分がお椀のような形状のタイプは、和式用になります。洋式トイレに対応したラバーカップは、お椀部分から中間部位に出っ張ったゴムがついた形状をしています。
形状が違っても使えるだろうと思う方もいらっしゃるかと思いますが、形状が異なる理由があります。トイレに合わせてフィットする形状でなければラバーカップは詰まり抜きに得られる効力が減少していくのです。購入される時には、必ずトイレの形状に合ったラバーカップを購入してください。また、形状が異なるからと言って詰まりが解決できないか?と質問されると、そうでもありませんので新しく買いなおす前に試してみると良いでしょう。簡易的なトラブルだった場合には、容易に解決すうrことができるでしょう。


使い方は、
トイレ内の排水口部分にゆっくりとラバーかツプを被せるます。この時にラバー内側部分に溜まった空気がポコッと出てくると圧力を加えた時に汚水が周囲に飛散する恐れがありますので気をつけましょう。できるだけゆっくり差し込むようにして排水口に向かって少し斜め方向から空気を抜くようなイメージで被せると良いでしょう。そして、ラバー部分が水の外に出ている場合には水を足す必要があります。トイレの排水口とラバーカップの間に空気が入ると効果が薄れてしまうからです。排水口とラバーカップのゴム部分が水に浸るように加水することで効率的に作業ができからです

作業としてはラバーカップのゴムを排水口部分に密着させ、ゆっくりと押し込んでください。カップが十分へこんだのを確認したら力を入れ引き抜きます。この時に汚水が跳ね返ってしまう可能性がありますので注意が必要です。
ほとんどの方が加圧すればいいと考えている方が多いですが、実際、押し込んだ方が力も入り簡単に問題が解決しそうな気がすると思っていますが異物詰まりなどのケースだと逆効果になってしまうしからです。トイレットペーパ^が詰まっている場所は、トラップかフランジの部分です。押すより引き抜くイメ―ジで作業を行った方が解決できなかった場合でも最小限の被害がおさまるからです。
そうならないためにも、ラバーカップを引いて詰まりの原因を一緒に引っ張り出すことが重要だと言えるでしょう。トイレットペーパーならまだしも固形物のような溶けない異物が詰まってしまった場合、必ず「引きだす」意識が大切です。

加圧することで水位が低くなっていきますのでバケツなどに水を汲みトイレへゆっくりと流してみてください。もし、詰まりが解消されていれば水が流れ継ぎ足した分の量は減っていきます。水の量が変動しない場合には、ラバーカップで「引く」ことを意識して繰り返し作業をしてみてください。また、水位が完全にない場合には、浴槽の残り湯を一気に便器に流し込むことでも加圧とかわらない効果が得られます。臨機応変で対処してみてください。

ラバーカップの間違った使い方をして詰まりが解決できなかったり物を排水管に詰まらせて大事にならない為にもラバーカップの正しい使い方を把握しておくことが大切です。



都内地域紹介
足立区 荒川区 文京区 千代田区 中央区
江戸川区 板橋区 葛飾区 北区 江東区
目黒区 港区 中野区 練馬区 大田区
世田谷区 渋谷区 新宿区 品川区 杉並区
墨田区 台東区 豊島区

総合サポート受付