水道料金が高くなる原因

水が漏れていたら早めの修理対処が必要

ご家庭で突然の水漏れが起きたら気がついているうちに水道修理をしないで放置していると、日々、水道料金が加算していきます。そして、いつの間にか高額の水道料金の請求書されることになります。水道修理と言うとすぐ水道業者に依頼する場合がほとんどでしたが、昨今では、簡単な水道トラブルですと、ご自身で修理されることが多くなってきているようです。もちろんのこと、水道業者に修理依頼した方が確実で簡単かもしれませんが、これから恐らく何度も水道修理が必要だと想定出来るので一度でも水道業者に修理依頼せずに水道修理に挑戦してみてはは、如何でしょうか?

そこで、大まかな水道修理方法を簡単に説明致します。
ご家庭で水道修理で恐らく一番多いと思われる箇所は、蛇口ではないでしょうか。蛇口からの少量の水漏れの原因は、パッキンの劣化が起因して起きています。パッキンは、パイプ等の接続部にはさみ水漏れを防いだり組立で整正させる役割をしています。そのため、このパッキンが劣化してしまったら、必然的に水漏れが始まることは一般的常識として納得されることでしょう。

さて、修理を始める時には、必ず止水栓を閉めてください。止水栓は、基本的に蛇口付近に設置されています。台所や洗面所の場合は、カウンター下に付いているのが基本ですが、止水栓がなかったりどこにあるか分からない場合は元栓を閉めて下さい。蛇口の水漏れ修理の場合は、パッキンを交換するだけで単純に改善すると言われています。ハンドルを閉めた後でも吐水口から水が漏れる場合が、蛇口の水漏れで一番多く起きると言われおります。通常、ケレップが傷んでいるのでケレップを交換してみましょう。最初にカバーナットを外し、反時計回りにハンドルを緩めて上部を外します。次に、ケレップをピンセットなどで直接触れずにつまみ出して新品のケレップと交換して下さい。後は先程と逆の順に上部を取付けて下さい。
この時にカバーナットを固く締めてしまうとハンドルも一緒になって固くなってしまいますので十分な注意が必要です。

足立区 荒川区 文京区 千代田区 中央区
江戸川区 板橋区 葛飾区 北区 江東区
都内地域紹介
目黒区 港区 中野区 練馬区 大田区
世田谷区 渋谷区 新宿区 品川区 杉並区
墨田区 台東区 豊島区

パッキンには二種類のサイズがあります。
水栓サイズ13と20があり、主に一般家庭で使用されている蛇口のサイズは、13(1/2)です。


水道のうんちく集
公道側(1次側)で漏水 混合水栓とは
給湯器の修理 ラバーカップの使い方
洗浄管のトラブル ジャバラホース交換方法
出張修理について 水道トラブルの助言
蛇口の構造



総合サポート受付