洗浄管の水漏れトラブル

洗浄管の水漏れトラブル

トイレの洗浄管から水漏れをするケースも多々見受けられます。このケースは、接続部分のパッキンやナットの緩みが原因です。水漏れを発見したら慌てずに止水栓を閉めましょう。バケツなどがあれば水漏れ部分の下に置きます。作業後、床掃除を少しでも楽にするためです。準備ができたら、洗浄管の接続部分のナットに緩みがないか確認します。しっかり締め増しした状態で止水栓を開け水漏れが改善されているか確認してください。ナットの緩みが原因ではない場合は、パッキン交換して改善するか点検してみましょう。再度、止水栓を閉めてロータンクのレバーを大の方向に回してタンク内の水を抜きます。次に洗浄管を外してパッキンを新しいものに交換してください。洗浄管を戻す時は、しっかりとナットを締めることが重要です。修理作業が終わったら止水栓を開けて点検します。もし、洗浄管の取外し作業に自信がない時は、紐テープを使った簡単な修理方法もあります。手順としては、洗浄管ナットを外し、ナットがはまるギザギザの部分の先端から内側に向かって2~3回引っ張りながら巻き付けた後に、ナットをしっかり締め増しするという作業です。ただし、紐テープでの対処方法はあくまで応急処置の場合のみです。そのまま放置せず早めに水道業者に修理依頼しましょう。また、パッキン交換やナットの締め増しでも改善しない水漏れ。水量の多い水漏れに関しても水道業者の修理依頼してください。


タンクと便器をつないでいる洗浄管から水が漏れるときは、フラッシュバルブを設置していない場合には、水が漏れ続けることがありません。フラッシュバルブ未設置で水漏れしてくるけるケースですとタンク内部のゴムフロートかフロート弁のどちらかに異常が起きていると考えてよいでしょう。経年劣化によって複数個所が同時に悪くなることもありますので、こんな場合には、お知り合いの水道業者か当社までご連絡下さい。出張エリア内でしたら即日対応で修理解決致します。また、電話無料相談も実施しております。


足立区 荒川区 文京区 千代田区 中央区
江戸川区 板橋区 葛飾区 北区 江東区
都内地域紹介
目黒区 港区 中野区 練馬区 大田区
世田谷区 渋谷区 新宿区 品川区 杉並区
墨田区 台東区 豊島区

総合サポート受付