老人ホームのトイレ設備の故障

練馬水漏れ修理MAYAMAXX

老人ホームでトイレの故障で使えない

本日は、老人介護施設からトイレが詰まってしまったとご相談をいただきます。
施設で起きるトラブルで多いのがトイレに異物を落としてしまった修理案件です。その中でも「オムツパットを流してしまった」というご相談が全体の8割前後となっています。

大人用オムツの詰まり

ラバーカップで介護職員が奮闘の後、詰まりが解消できなくお電話を下さるといった流れです。 ここで気をつけていただきたいことはオムツパットや異物をトイレに流してしまった時は絶対にラバーカップなどで押し込んではいけません(当社は、逆効果になるとご案内しています。)。もしも、圧力を加えて便器のトラップを超えて押し込んだ異物が排水管内で引っかかってしまったらどうなるでしょうか?
他の排水設備もダメージを受けて排水が詰まってしまう可能性もあります。そして管内で引っかかった異物を取り出すには簡単な作業では除去することができません。最悪、床や壁を捲ったり、地面を掘り返すなどの施工となり確実に費用と時間がかかることになります。
異物をトイレに流してしまった時の対処法としては、まずはトイレの水は絶対に流さないようにします。そして思い切って手を突っ込んでみることです。意外にも見えないだけで手元に物がある場合もあります。指先に触れるものがあれば引っ張り出してみてください。 次に有効的な物が真空ポンプで引っ張り出してみましょう。そもそも真空ポンプは押し込むものではなく引っ張り出すことがメインの道具です。 ゆっくりと便器内の水面にカップを押し付け、カップを密着させて中の空気を無くしたところで思いっきり引っ張り上げます。異物が顔を出せば手で引き揚げましょう。しかし確実に異物を取り出せれるというわけにもいきません。
作業方法を間違えると逆によけい奥に入り込んでしまうこともあるため相当慎重さが必要とされます。 また多くの人が使用するトイレのため何がトイレに詰まったのかわからない状況もあります。ただの排泄物であれば水道屋さんを呼ぶまでもなくラバーカップだけで対応できます。しかし異物が入っていればリスクを負わないためにもすぐに水道屋さんに修理依頼したいという判断の方もみえると思います。その場合にはトイレにぬるま湯を流してみてください。排泄物の場合、ぬるま湯を便器の排水口から流し込むことで便が柔らかくなり自然にトイレ詰まりが直っているケースもありますので試してみてください。
ですが介護施設等ではトイレは日に何人も何十回も多くの方が使用されます。そして多忙の職員さんが修理に時間を費やす事も難しい現実です。だからこそお抱えの水道業者がいれば多少の無理も聞いてくれます。また、当社では昼夜の修理対応を承っておりますのでトイレ詰まり等の修理が有ればお声がけ下さい。


荒川区 足立区 文京区 千代田区 板橋区
江戸川区 中央区 葛飾区 北区 江東区
東京都内地域紹介
中野区 目黒区 練馬区 大田区 渋谷区
世田谷区 港区 新宿区 杉並区 豊島区
品川区 墨田区 台東区



総合サポート受付