水道のトラブル解決を行う水道屋です

東京都のタウン情報

東京都は、日本の首都として世界中に知られています。日本の政治、経済、文化などあらゆる面で核となる都市を形成しています。都庁所在地は、新宿区。面積は、日本で3番目に狭いにも関わらず、1,000万人以上の人口が住んでいて、人口密度は全国最高を示しています。なお、東京都は23の特別行政区からなる中心部。そして、多摩や狭山の郊外地区。太平洋に浮かぶ伊豆・小笠原諸島を含まれていますので、南北に長い境界が存在しています。社会面では、本拠地としている企業が多い。また、産業面では、商業など第三次産業が圧倒的に多い。

東京都の地名由来
1868年7月17日に「江戸ハ東国一ノ大鎮四方輻湊ノ地、宜シク親臨以テ其政ヲ視ルヘシ。因テ自江戸ヲ称シテ東京トセン。」という詔勅によって、「江戸」が改称され「東京府」となった史実が有ります。
京都に対する「東の京」という意味という解釈と、「京」を「都」の意味に解して「東の京」という解釈の2通りがあります。「江戸ハ東国一ノ…」とあるため「東国一の京」の意味とも考えられますが、遷都の絡みを考慮すると京都に対して呼ばれたとするのが一般的であるとされています。古来、「東京」は「とうけい」とも読まれたり、「京」の俗字を使った「東亰」の表記もされていました。1943年7月1日に都制によって「東京府」「東京市」が廃止されて「東京都」となりました。

東京都の歴史
東京都は、大化改新後に武蔵国によって作られ、中世には荘園を基盤に地元武士団が各地を統治していました。のちに、鎌倉幕府が開府されると国府となった府中が経済・文化の中心地として栄えていきましたが、その後、江戸氏と太田氏によって江戸が中核地として発展していきまして。室町時代に、太田道灌によって江戸城が築かれて水路交通も発達して、次第に関東の中核都市となっていきます。さらに、徳川家康が徳川幕府を開くと、五街道や上水なども整備され江戸は活気に満ち、城下町として都市機能を持つようになっていきます。幕末には、大政奉還の舞台となり、江戸城を倒幕軍に明け渡したことも有名な史実です。明治政府が誕生すると、江戸城は皇居となり江戸は東京に改名されました。

水道のうんちく集
公道側(1次側)で漏水 混合水栓とは
給湯器の修理 ラバーカップの使い方
洗浄管のトラブル 出張修理について
水道トラブルの助言 水が漏れてたら放置しない
蛇口の構造


墨田区


豊島区

水道の修理は、さまざまな場所で必要になってきます。欠かすことができない水でもあり有限の資源でもあります。大昔では、水のために争い事が起こったり水がある場所で生活をしてきた根拠もあります。そんな、有限の資源でもある水まわりトラブルで水道修理が必要になった時には、当社に修理依頼のご連絡下さい。また、当社設立以来、電話無料相談も実施しておりますので水道関連で誰にも相談できなく困ってるときも当社でできる範囲でアドバイスもさせていただきます。



総合サポート受付