トイレの不具合の前兆を知る

修理班

トイレタンクのトラブルを防ぐ予防策

トイレタンクからの水漏れを事前に防ぐためには、日常どのようなことに注意すればよいかご紹介致します。
最初に、トイレタンク内に入れるタイプの洗浄剤には要注意です。このタイプの洗浄剤がタンク内の部品と干渉したり引っかかったりすることで水漏れが発生したり止まらなくなったりすることがあります。
また、トイレタンク内に異物を入れるのもやめましょう。たとえば、節水目的でペットボトルをタンク内に入れておくという生活の知恵はかなり有名ですが、しかし、トラブル防止の観点から言えば避けてもらいたい節水対策なのです。
トイレタンク内に異物を入れておくと、タンクそのものの故障や水漏れの原因になってしまったり本来必要な量の水が流れなってトイレ詰まりを誘発すること多々あります。
トイレの場合には、無理な水量を制限しないように注意してください。

トイレタンクの耐久性
トイレタンクの耐久性は一般的に比較的高く、十数年から数十年以上使用することができます。ただし、タンク内部に付着した汚れや錆などが原因で、水漏れや動作不良が起こる場合があります。定期的なメンテナンスや清掃を行うことで、トイレタンクの寿命を延ばすことができます。また、最近では機能性やデザイン性にも優れたトイレタンクが多数販売されており、適切な使用・メンテナンスを行えば長期間使用できるものが多いです。

東京都内地域紹介
品川区 渋谷区 葛飾区 世田谷区 荒川区
電話無料相談実施中
板橋区 足立区 文京区 中野区 江東区

トイレタンクでよく見る不具合について

トイレタンクでよく見られる不具合のいくつかを以下に挙げます。
水漏れ
トイレタンクから水が漏れる場合があります。これは、フロートバルブや減圧弁の不良、シールの劣化、給水パイプの破損などが原因となる場合があります。
水漏れ音
タンク内で水漏れが発生し、水が滴る音がする場合があります。これは、フロートバルブや減圧弁の調整不良や部品の摩耗が原因となることがあります。
タンク内の水位が低い/高い
タンク内の水位が適切ではない場合、トイレの水流が弱くなったり、水の節約ができなくなったりすることがあります。これは、減圧弁やフロートバルブの調整が必要な場合があります。
フラッシュの不良
フラッシュボタンを押してもトイレが十分に流れない、逆に過剰に流れるなどの不具合が発生する場合があります。これは、フラッシュバルブやフラッシュバルブシールの劣化、配管の詰まりなどが原因となることがあります。
タンク内のカビや汚れ
タンク内部にカビや汚れが付着することがあります。これは、水の質や給水管の汚れが原因となる場合があります。定期的な清掃や水質管理が必要です。

これらの不具合が発生した場合は、修理やメンテナンスが必要です。専門の水道修理業者に依頼するか、物件の管理会社やオーナーに連絡して修理の手配をしてもらうことが重要です。

対処策について
以下に、トイレタンクでよく見られる不具合に対する対処策をいくつかご紹介します。
水漏れ:
フロートバルブや減圧弁の調整や修理を行います。水漏れの具体的な原因を特定し、必要な部品の交換や修理を行うことで解決できます。
水漏れ音:
フロートバルブや減圧弁の調整を行います。適切な水位で閉まるように調整し、水漏れ音を解消することができます。
タンク内の水位が低い/高い:
フロートバルブの調整を行います。水位が低い場合はフロートバルブを上げ、水位が高い場合は下げて調整します。水位が適切になるように調整しましょう。
フラッシュの不良:
フラッシュバルブやフラッシュバルブシールの交換を行います。不良な部品を新しいものに交換することで、フラッシュの不具合を解消できます。
タンク内のカビや汚れ:
定期的な清掃を行います。タンク内部を専用の洗浄剤や重曹水で洗浄し、カビや汚れを除去します。定期的な清掃を行うことで、衛生的な状態を保つことができます。

これらの対処策は一般的なケースですが、具体的な状況や問題の原因によって対処方法が異なる場合もあります。トイレタンクの不具合が発生した場合は、専門の水道修理業者に相談し、適切な対処策を取ることをおすすめします。


水道の修理業者

近年の報道番組やテレビニュース。あるいは、新聞などの報道で低料金を語り悪徳な営業をしている業者が特定商取引法を順守しないで高額請求をしている水道業界だけでなく様々な分野で悪徳営業をしていると報道されていますので十分注意をしてください。
思いもよらない高額請求をしてくる悪徳営業は、有料リスティング広告やポストに投函されているマグネットチラシを使ってどう考えても異常とも思える低価格を掲載して営業活動をしています。料金だけで修理手配をして細分化された高額請求をされて金銭トラブルになり悪徳業者に引っかかってします。そんな場合には、特定商取引法のクーリング・オフをすることで契約自体を無効にすることができます。クーリング・オフに応じてくれない業者の場合には、お客様がお住いを管轄する警察や消費者相談センターを活用するとよいでしよう。小さな業界でありますが水道業界の規制を遵守している水道業者を手配してお困りごとを解決するようにして料金だけで決めつけることを避けましょう。


緊急水道修理業者
当社のご紹介
関東地域や全国各地で排水詰まりや水漏れトラブルなどの水道修理やトイレ修理に24時間年中無休で対応しております。普段の生活の中での水道設備や夜間や深夜に急に起きる水廻りの不具合や蛇口などからの水漏れなどの水道トラブルにも24時間365日年中無休で水道修理にお伺いし解決致します。水道修理・水廻りのトラブルに緊急対応をする民間会社ですが電話無料相談も継続実施しておりますので、詰まりや水漏れなどでお困りのときにご遠慮なくお電話下さい。